来店不要の学生ローン

急な入り用でお金を借りたいけれども、消費者金融で借りていることを知られたくないというのは誰もが思うことです。やはりお金を借りているという事実はいかなる理由であってもあまりよい印象を与えないものです。そこで、極力誰にも知られずに借りたいと思うのです。しかし、借りに行くにあたって消費者金融に出向いているところを見られてしまう心配があります。そこで注目されているのが来店不要の学生ローンです。

参考資料〔来店不要で少額からの融資も行っている学生ローン イーキャンパス

来店不要の学生ローンというのは、まずはインターネットで申し込みをします。電話での申し込みをしているところもありますが、正しく情報が聞き取れるよう、インターネット申し込みを選ぶ方が望ましいです。インターネットであれば年中どこからでも申し込みができるので便利です。

インターネットでの申し込みをした後、業者から電話がかかってきて電話審査が行われます。電話を受けるタイミングも指定ができるので人に聞かれず電話審査を受けることもできます。その後、身分証明書類をファックスやメールで送り、審査に通れば指定口座にお金が振り込まれ融資完了となります。返済についても銀行から振り込むのが一般的であるので返済をする際にもローン会社に出向く必要はありません。

学生ローンの仕組み

学生ローンのお金の借り方というのは、大人がローンを組んでお金を借りるのと同じ仕組みです。学生ローンというのは、学生を限定としたローンです。そのため、高校生を除く満18歳以上の学生のみが借りることができます。ここでの学生というのは学校の種類は限定されておらず、大学生でも短大生でも専門学校生でも構いません。ただし、業者によっては未成年への融資がされていないところもあるので、事前に確認が必要です。

また、お金を借りれば返さなければなりません。そこで基本的にはアルバイトをしていて収入がある学生のみが対象となります。今は、貸金業法が改正されたことで年収の3分の1までしかお金を借りることができないと法律で定められており、これは学生にも該当します。また、年収に関係なく、融資の限度額が50万円と一般的な消費者金融よりも限度額が低めに設定されているのも学生ローンの特徴です。

学生ローンでも身分確認が必要ですが、学生であれば免許証を持っていないという人も多いものです。学生ローンは学生向けのものであるために、学生であることを証明する必要があります。そこで、学生証の提示が必要です。学生証と合わせて保険証のような身分証明証を一緒に提出することで本人確認がされます。

学生ローンとは

学生ローンという名前を聞くと、学生に対しての融資ということで、学費のことをイメージする人もいるでしょう。しかし、ここでの学生向けの融資というのは、学費のことではありません。学費は別のローンがあるのです。大学のように学費がかかるところに通う際に、学費が出せないとなると奨学金を受けるか、教育ローンを組むことが一般的です。教育ローンという名前を用いず中には大学学資ローンや奨学ローンという名前がつけられていることもあります。

大学進学費用が不足する際には奨学金を受けるのが一般的ですが、奨学金を受けるまでには審査から奨学金を受け取るまでに時間がかかります。特に、入学金のような入学前のものは受け取りが難しく、そこで教育ローンを利用することも多いのです。

では、学生ローンというのはどのようなものでしょうか。これは、一般的にお金が足りなくて消費者金融からお金を借りるのと同じで、学生を対象とした消費者金融のことです。日本では、学生がお金を借りるとなると消費者金融からしか借りることができないですが、外国では学生に対しての融資制度が広く持たれており、消費者金融だけでなく民間の金融機関や銀行でも学生向けの融資をしています。このような学生がローンを組んでお金を借りるということには不安がある人も多いものです。しかし、学生だからこそ急にお金を工面しなければならない場面があることもあるものです。そこで、ここでは学生ローンの仕組みとその中でも人気の来店不要の学生ローンについて紹介をしていきます。