学生ローンの仕組み

学生の集まり学生ローンのお金の借り方というのは、大人がローンを組んでお金を借りるのと同じ仕組みです。学生ローンというのは、学生を限定としたローンです。そのため、高校生を除く満18歳以上の学生のみが借りることができます。ここでの学生というのは学校の種類は限定されておらず、大学生でも短大生でも専門学校生でも構いません。ただし、業者によっては未成年への融資がされていないところもあるので、事前に確認が必要です。

また、お金を借りれば返さなければなりません。そこで基本的にはアルバイトをしていて収入がある学生のみが対象となります。今は、貸金業法が改正されたことで年収の3分の1までしかお金を借りることができないと法律で定められており、これは学生にも該当します。また、年収に関係なく、融資の限度額が50万円と一般的な消費者金融よりも限度額が低めに設定されているのも学生ローンの特徴です。

学生ローンでも身分確認が必要ですが、学生であれば免許証を持っていないという人も多いものです。学生ローンは学生向けのものであるために、学生であることを証明する必要があります。そこで、学生証の提示が必要です。学生証と合わせて保険証のような身分証明証を一緒に提出することで本人確認がされます。